2017年03月05日

こなれてきた(気がする)ワース弦

こんばんは。
ウク練本格再開2日目の、あんくるです。


今日も、外出のため時間は少なめだったもののウクレレの練習ができました。
指もヒリヒリ感以外は痒みもなく、昨日に引き続きホッとしています。



肝心の課題曲ですが、進展はほぼ無しという感じです。

昨日も書いた通り曲の後半にテンポが取り辛い箇所があったり、運指がきつかったりする箇所があるため、腰を据えて練習する必要がありそうです。


「動画を撮る」ということは現段階ではあまり考えず、リハビリくらいの気持ちで練習していこうと思います。



さて。
今日お話しすることは、そんな大層なことではないのですが、現在我がウクレレにセットしている弦についてです。


あれはどれくらい前だったろうか・・・と過去の記事を遡ってみたところ、なんと昨年の9月このとでした。。

それまでウクレレに張っていた弦(ダダリオ)から、フロロカーボンのワース弦に変えたのは。



張る前は「初めてのフロロじゃ!!」と喜んでいたのですが、張り替えた直後から、弦の触感やら音色やらに違和感を覚えまして・・・早々にGHSに交換したい衝動に駆られたわけです。。
(当時の記事はコチラコチラ


丁度そのあたりから指の皮膚炎も徐々に酷くなり、GHSに張り替えたい思いはあったものの、ウクレレに触れる機会も少なくなった来ました。



・・・で、昨日からの本格的な練習再開になるわけです。


練習再開時もワースに対する個人的な不信感はあったのですが、いざウクレレ(ワース弦)を弾いてみると、、、まず弦を触った時の不快な触感は無くなっていました。

そして更に驚いたのが、(弾いていない期間が長かったにもかかわらず)チューニングが安定しているということ。


この2つは結構大きかったです。
これまで抱いていた不信感が少し和らぎました。


で、懸念の音色については・・・まぁまぁ慣れてきたかなという感じです。
当初抱いた「人工的な音」感は正直未だに拭えませんが、あのマイルドな音に徐々に慣れつつあります。

ただ、今は「サスティンの伸び」が気になっていますが・・・。
(個人的にサスティンは短いのが好み)



あくまで「今のところは」ですが、、、とりあえずはこのままワース弦で使ってみようかなという気になって来ました。



ということで、以上ワース弦の使用レポートでした。


短いですが、本日は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、またお会いしましょう〜!

posted by あんくる at 21:09 | Comment(0) | ウクレレ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする