2015年10月12日

第8回ジ・ウクレレコンテストに行ってきた!

こんにちは。あんくるです。

今日は「こんにちは」です。。。
夜に書くと絶対忘れてしまうので、昨日の興奮を今のうちに書いてしまおうと思いまして。。


さ、長くなりそうなので早速本題へ。

もう何回もブログには書きましたが、昨日初めて『ジ・ウクレレコンテスト』を観に行ってきました。
今日は私なりのレポートをまとめてみようと思います。


小雨のぱらつく午後1時30分に開場とのことでしたが、私が着いたのは45分くらいだったでしょうか。
ガラス張りのロビーを見上げると、すでにたくさんの人で賑わっていました。


2015_1011_133134-C0A09037-E803-4538-A810-8268C24E756B.JPG


会場は、東京・御茶ノ水にある「全電通ホール」。
以前、アキオ楽器さんに行くときに前を通ったことがありますが、中に入るのは今日が初めてです。

ロビーでは、ウクレレメーカーや楽器店がブースを出展しており、歩くのもままならぬ状態。。
島村楽器さんのブースでは、お馴染みKA'ALA猪古Jr.さんが三線風のウクレレを弾いたり、ハワイの打楽器?をコロコロ鳴らして、ロビーを賑わし人を集めていました。

一通り見てから座席へ。
最初にチケットを購入しに行ったときは前から2・3列目くらいだったのですが、前の人に隠れて観るのはちょっとな・・・と思って、敢えて遅くチケットを購入し、後部の雛壇の席にしました。
ステージからは遠くなりますが、比較的傾斜のついた客席でしたので、前席を気にせずゆっくり見ることが出来ました。


CA0CA89A-546B-45E0-A583-2DE13916D1E3.jpg


14時、Co-HaL(こはる)さんのオープニング演奏で幕開け。
「ラブれれ」久しぶりに聴きましたが、ウクレレの楽しさが伝わるいい曲ですね^^

コンテストは、全16組いるので第1部と第2部に分かれており、間に休憩が入る感じ。
最初は「終わるまで3時間位かな〜」と思っていたのですが、プログラムのスケジュールを見ると、終演が18時50分となっていて驚きました。。

この情報、、、ホームページに載ってましたっけ??ま、ライブでも終演時間をあらかじめ書いていることはないですけど、時間も時間なので予めどこかに目安として書いていてほしかったなぁと思いました。


さっそくコンテストがスタート。

・・・と、さすがに全16組の感想を書くもの大変なので、私の印象に残った演奏の感想をざっとですが書こうと思います。
ま、そうなると色々角が立ちそうですが、、、一応私のブログなのでお許しください。。


まずは、四国予選で最優秀賞を受賞されたドクターフミコさん(男性)。
曲はバッハの「無伴奏チェロ組曲1番プレリュード」というクラシックの曲。
クラシックというと物静かに演奏するイメージがありますが、ドクターフミコさんは、ステージを舞うように体を動かしながら曲に入り込んで弾くスタイルで、一気に惹きつけられました。


続いて、前回大会に続いて出場されているという、小竹遼さん。
演奏を聴いた瞬間「・・・え?プロの方ですよね?」と思ってしまいましたが、パンフレットを見るとすでにライブをはじめウクレレの講師もされていらっしゃるとのこと。。
ジェームス・ヒルさんの曲とのことでしたが、完全にご自身の世界を築かれており、魅了されました。


第2部に移り、トップバッターの文京区立第三中学校ウクレレ部の皆さん。
出場されたのは顧問の先生と吹奏楽部のパーカッション1名を含め、計6名。
中学校にウクレレ部!!
私の母校にはギター部はありましたが、流石に私の中学時代にウクレレ部はありませんでした。。
演奏は、森拓治さんや高橋重人さんの演奏でお馴染みの「ヒロマーチ」。
まさかこの曲をアンサンブルで聴けるとは・・・まさにプチ・ウクレレオーケストラ!
パンフレットにも記載されていましたが、今後「ウクレレ部」が全国に普及すれば楽しくなりそうですね!


北海道からの出場という中村智さんも、2回目の出場とのこと。
オリジナルの「オリエンタルビューティー」という曲は、曲名の通りオリエンタルな曲調で、個人的に好きな曲です。
中村さんもやはり演奏活動をされているとのことで、プロに引けを取らない演奏を楽しめました。


鈴木智貴さん。
実は、今回のコンテストで私が唯一存じているアーティストでした。新納悠記さんとも演奏されていらっしゃるので、ご存知の方も多いと思います。
Twitterでフォローさせていただいているのですが、ツイキャスというTwitterを利用した生放送配信サービスでのライブは何度も聴かせていただいており、一度生で聴いてみたい方でした。
演奏曲も、ツイキャスで聴いたことがある曲で、テクニックと表現、曲がマッチした素晴らしい演奏でした。
関西の方ですが、是非関東でもライブを開催していただきたいと思っています。


最後に演奏されたRyoさんの「涙そうそう」はとても心に染み入る歌声でした。
沖縄というと楽器は三線のイメージが強いですが、改めてウクレレがとても合う曲だと感じました。


立て続けに書いてしまいましたが、個人的に気になった方は以上です。
(もちろんほかにもいらっしゃいますが・・・ね、ブログの「長さ」という問題もありますし、、何とぞご了承ください。。)


審査中の時間を利用して、約1時間20分は、ゲストアーティストによるライブと抽選会が行われました。
中でも衝撃だったのは、初めて聴いたRioさんの演奏。
14歳とは思えない、神がかった演奏でした・・・。今回は、Co-HaLさん・DA1さんとのコラボとソロの計3曲聴くことが出来ましたが、是非またどこかでソロの演奏を聴きたいと思います。


ライブの後は、お楽しみの抽選会!
ウクレレは・・・計何本出たんだろう?というほどの本数でした。7本くらいかな?
その他、チューナー10個、楽譜集18冊や、ハピレレ音楽教室さん提供のカレーや、ネイルケアなど、トータルで50名分以上はあったのではないでしょうか。

・・・私は何も当たらず仕舞いでしたが。。。
こういうの、本当にダメなんですよね〜
野球やサッカーでもたまに番号でのプレゼントがありますけど、1回も当たったためしがない。。

まあ、「ウクレレもスコアも自分で厳選に厳選を重ねたものを自分で買いなさい」という何かのメッセージだったと思って諦めることにします。


そして、審査も終わり、いよいよ結果発表!

ただ、、、このブログを書いている時点でまだ「ジ・ウクレレコンテスト」の公式ホームページに掲載されていないので、詳しく書くのはやめようと思います。

一応Twitterではすでに賑わっているので大賞だけ。

大賞は・・・・・


鈴木智貴さんでした!!

素晴らしい演奏でしたし、とても聴いていて見ていて楽しめる演奏でした。
繰り返しになりますが、是非関東でもライブを!!


ちなみに、大賞はじめ入賞者の皆様には素敵なウクレレがプレゼントされます。
会場の入り口に展示されていましたが、私はAOソプラノウクレレという琵琶のような形のハワイのウクレレ(↓の写真では右上のウクレレ)が気になりました。


2015_1011_145450-C9FEBC5A-915E-44B0-AE68-54E2C1F3BC94.JPG



ということで、案の定長くなりましたが、以上「第8回ジ・ウクレレコンテスト」の簡単なレビューとさせていただきます。
また次回のコンテストも楽しみにしたいと思います。

最後までお読みいただいた方、もしいらっしゃっいましたら、ありがとうございました。

それでは、またお会いしましょう!

posted by あんくる at 15:00 | Comment(2) | ウクレレ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジ・ウクレレコンテスト見に行かれたのですね。
16組ともなるとさすがに長いですね(^^ゞ
でも個性にあふれたいろいろな方の演奏を聴くのは楽しいですよね。

コンテスト翌日、私も久々2度目のこはるさんのライブを楽しんできました。タップシューズを履いてウクレレ、型にはまらない自由なスタイル、楽しんで弾く姿は、ほのぼの幸せな気分になれますね。
Posted by てりあけん at 2015年10月14日 13:20
てりあけんさん、こんばんは。
またまた返信が遅くなってしまってすみませんmm

コンテストはかなりの長丁場でした・・・
終わるころにはお尻が痛くなってくるくらい。。
ただ、仰る通りウクレレにも色々表現方法があるものだなと勉強になりました。

こはるさんの演奏は約1年ぶりでしたが、本当に楽しそうに演奏されますよね!
1stアルバムの『旅にウクレレ』は素晴らしいアルバムだったので、そろそろ2枚目を期待したいところです♪
Posted by あんくる at 2015年10月17日 19:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]