2017年03月04日

ボンゴレレとスナッピー!?@ローココ#74

こんばんは。
久しぶりのガッツリウク練で指先がヒリヒリしている、あんくるです。


いやいや、今日は本当に久しぶりに長時間ウクレレを練習しておりました。
今のところ、指先は久しぶりの弦の感覚でヒリヒリしてはいるものの、痒みなどはなく、ホッとしています。


先週の記事でも書いた通り、ウクマガVol.14に掲載している“とある”曲を練習していました。

ん〜〜〜〜、なかなか難しいですね。。
とくに後半。

変調(でいいのかな?)したり、苦手な3連符が続いたり・・・とリズム音痴な私にとってはなかなか厄介なスコアです。

全体的には簡単な部類に入ると思うのですが、ハンマリングやプリングオフなど、成功すれば「くぅ〜〜!!」と己に心酔できる小技もそこかしこにあり、ブランクがかなり空いてしまった私にとっては、良いリハビリになりそうです。。


今はまだとても動画を撮影できるレベルではありませんが、焦らず腰を据えて明日からも取り組んでいこうと思います。



さて、話は変わって『ローリングココナッツ』の最新号#74のお話。

もうすでに様々な方のブログでも紹介されているので、かなり今更感はありますが、私もようやく入手できたので今日練習の合間に読んでおりました。


2017_0304_085725-000F9C38-4651-4675-9B1C-5972C75FF2A9.JPG


まず、TOKYOハンドクラフトギターフェスの記事や広告が出ていることに驚きました。
「もうそんな季節なのか・・・」と。。

そして、気になっていたKYASさんの高知でのライブレポートや楽器フェスの模様など、恒例のレポートを楽しく拝読。


そんな中、気になる記事(アイテム)を2つ発見・・・

タイトルにも書いた「ボンゴレレ」と「スナッピー」です。

前者はダニエル・ホーさんのインタビュー記事に出てきたもの。
ウクレレのボディを利用したパーカッションとのことで、なかなか良い音が出そう。。
(ウクレレのボディを掌でポンポンと叩くだけでもいい音がしますからね)

ウクレレにどうしてもこだわりたい人向けの、良き相棒という感じです。



で、その「良き相棒」を更に昇華させたのが、いちむらまさきさんのコラムで紹介されていた「スナッピー」。

カホンの中に仕込まれているスナッピーという「響き線」を、大胆にもウクレレのボディ前面に張り付けてしまおう!という、まさにいちむら先生ならではの試みです。

実際、どのような音が鳴るのか気になるところですが、スナッピー自体は600円ほどで販売されているとのことなので、音色次第ではボンゴレレ以上の相棒(というか装備?)になりそうですね。
(・・・私はやりませんけど。。)



以上、ローリングココナッツ#74で私が気になった記事のご紹介でした。


ということで、本日はここまで。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、またお会いしましょう!

posted by あんくる at 20:00 | Comment(0) | ウクレレ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]