2017年05月20日

ボサノバに目覚めたTOKYOハンドクラフトギターフェス!

お久しぶりです。あんくるです。

またまたブログの更新が空いてしまいました。
案の定、指先の持病によってウクレレの練習が出来ずにおりました。


現在もまだ完治には程遠い状態なのですが、今日は待ちに待ったTOKYOハンドクラフトギターフェス2017(以下ハンクラ)の初日ということで、久々に更新いたします。


ま、ブログを書くということは実際に行ってきたわけで、簡単なレポートをお届けしようと思います。



ちなみに、ハンクラは今年も例年通り2日間の日程で東京・錦糸町にて開催されます。

ハンクラのライブスケジュールが決まった時は、ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパンの皆さんや鈴木智貴さんが出演する日曜日に行こうと思っていたのですが、残念ながら日曜日に予定が入ってしまったため今年は初日(土曜日)の参戦となりました。


とは言え、本日もウクレレ絡みのゲストの皆様はかなり充実しています。

関東ではなかなかお目にかかれないT.T.Cafeのお二人(中村たかしさんとかねだたつこさん)や、毎年恒例いちむらまさきさん、そしてJazzoomCafeさんとukurenaちゃんの師弟コンビという、豪華なラインナップ!


で、ですね。
今日はウクレレ以外にも楽しみにしているライブがありまして、それはボサノバのギター弾き語りをされているKarenさんという女性アーティストのライブ。


もうかなり昔にはなりますが『ウクレレ・ボサノバ』(キヨシ小林さん著)を購入してから実はこっそりハマっているボサノバ。
休日には、時間があるとAmazonMusicでボサノバのプレイリストなどを再生しております。

しかし、ボサノバの「ライブ」というものは聴いたことがなく、機会があれば行きたいなぁと思っていたところでした。


Karenさんという方は私は存じ上げなかったのですが、関東をメインに活動されているアーティストさんで、ボサノバのアルバムも何枚か出されている模様。
YouTubeで事前に歌声を聴いたのですが、囁くような歌声が何とも涼やかで爽やか。

是非ライブを聴いてみたいと思い、今年はKarenさんのライブ開始時間に合わせて参戦いたしました。



で。

実際にライブを聴きましたが、とても透明感のある歌声で、30分という時間がとても短く感じてしまうほど素晴らしかったです。

知っていた曲は「ワンノートサンバ」だけでしたが、Karenさんのオリジナル曲も含め、終始ボサノバの穏やかなリズムに包まれていました。

弾いていたギターはKarenさんのシグネチャーモデルとのことで、音色はもちろんボディのスプルースの色までもがKarenさんとマッチしていました。

機会があればライブにも行ってみたいと思います。



Karenさんのライブ終了後、軽く昼食をとって肝心のハンドクラフトなウクレレを見に行きます。

Seilenさんは相変わらず大人気で、常にブースにお客さんがいらっしゃる状態。
そしてミツレレのウクレレスタジオ七里ヶ浜さんも周囲に人がちらほらと。。

でも今年は勇気を出して、あれこれとウクレレを試奏させていただきました。


ミツレレや占部さん、クラフトムジカさんなどなど、各ブースでポロポロと弾かせていただきましたが、中でも一番気になったのはPurityUkuleleさんのウクレレ。

カッタウェイでサウンドホールがサイドにもあるウクレレなのですが、音色も音の響きもサイズ感も、「あ〜〜〜、これいい」と思いながら弾いておりました。


いまホームページを拝見したところ、過去のウクマガに(同じウクレレではないと思いますが)掲載されたことがあるようなので、明日にでもバックナンバーを引っぱり出してみてみようと思います。



そして、またライブ会場へ。


13:40からは、T.T.Cafeさん。

中村たかしさんの演奏をライブで聴くのは初めてでしたが、スペシャルな演奏はもちろん、関西の方だけあっとトークが抜群に面白いんですね!
気を抜くとジョークを放っている、という感じで、終始楽しませていただきました。
かねださんのバンジョーウクレレを聴けたのも収穫の1つです!


14:45からは、いちむらまさきさん。

今年は合奏ではなくコード講座のような感じ。

これはですね・・・・・本当にタメになりました!
「なるほど!」と何回心の中で呟いたことか。

こういうことって独学では絶対に聴けないことなので、このような貴重なお話を無料で(しかもA4資料付きで!)提供していただけたいちむらさんに感謝です。


そして、ウクレレ絡みでは本日最後のライブとなる、ukurena&JazzoomCafeのお二人。

ukurenaちゃんは昨年のウクピク以来、JazzoomCafeさんは恐らく船橋ハワイアンフェス以来でしょうか。
今回はSeilenさんプレゼンツということで、楽器はすべてSeilenさんの手によるもの。

JazzoomCafeさんはギター、ミニベース、ウクレレを曲によって使い分け、ukurenaちゃんはおなじみのハートのサウンドホールが特徴のウクレレ。

「イパネマの娘」や「Meiji-Ishin」などなど、師弟で息の合った演奏でした。
曲名は忘れてしまいましたが、、JazzoomCafeさんのソロ曲は、さすがの超絶で圧倒されました。



ということで、かなりザックリした感想になりましたが、今年のハンクラのレポートは以上となります。

久しぶりのウクレレ絡みのイベント(今年一発目?)でしたが、中々充実した一日となりました。
しかし、これで1日券1300円は安い!


2017_0520_182103-01B77991-DCAC-4A78-80C9-DAE92095A35B.JPG


これから徐々に夏が近づき、ウクレレイベントも次々にやってきます。

ウクレレ弾けない分、可能な限りイベントやライブなどを楽しめればと思います!



本日のブログは以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それでは、(いつになるか分かりませんが)またお会いしましょう!

posted by あんくる at 20:47 | Comment(0) | ウクレレ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]