2016年10月29日

行こうか迷う楽器フェア

こんばんは。
どうやら寝違えてしまい首が曲がらない、あんくるです。


右肩をやったらしく、右方向に顔を向けることができません。
地味に痛いんだよな〜これ・・・



さて。
楽器フェアが来週に迫ってきました。


東京ビッグサイトで開催される楽器の祭典的なイベントで、私は一昨年初めて行ってきました。

やはりウクレレ中心にブースを周りましたが、ブースでもちょくちょくライブがあったり、メインステージではキヨシ小林さんとウクレレオーケストラの皆さんのライブがあったりと、結構楽しめました。
(そのときの様子はこちらをご参照ください)



で、今年も行くかというと・・・・


ちょっと迷っています。
というか、多分行かないかなぁ・・・。。



理由としては、

1.食指が動くようなイベントが少なげ
2.年末にかけて行きたいライブや欲しいCDがある
3.(2.にも通じるが)金銭的な問題

ということ。



もちろん今年も、日本ウクレレ協会さんでは頻繁にブースでイベントをされるようですし、会場内のステージではいちむらまさきさんのイベントも開催されるようです。

前述の日本ウクレレ協会さんやキワヤ商会さん等、ウクレレ関連の出店も見受けられます。


ただ、、、千円を超える入場料と高い交通費を払ってまで行くイベントかというと・・・(自粛)


ウクレレ分は弱いものの貴重な冬のイベントですし、いちむらさんのステージに至ってはかなりためになる内容に違いありません。


それでも、、、今回はちょっとパスかなぁ…と考えております。。。



ただ、まだ行かれたことのない方にとっては、楽しいイベントであることに違いはありません。
ウクレレ以外の様々な楽器を見聞きする機会というのはなかなか無いですしね。

時間的金銭的に余裕がある方は、一度行かれてみては面白いかもしれませんよ。



ということで、短いですが本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございます!

それでは、またお会いしましょう〜

posted by あんくる at 19:00 | Comment(0) | ウクレレ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

ひたすらジャズを聴く日々

こんばんは。
お久しぶりな、あんくるです。


昨今、Twitter(私がフォローさせていただいている界隈)では名渡山遼さんのライブが話題となっておりました。

私は残念ながら行けませんでしたが、ツイートやブログなどを拝見する限り、かなり充実したライブだったようですね。

確か11月だか12月にはバラードのアルバムが発売されるとのことで、せこい私はまたレコ発(フリー)ライブあたりを観に行ければと画策しております。



さて、ウクレレの方は引き続き指治療中ということでお休みしております。

前回のブログで、「弾けなければ聴く」というような記事を書いたと思いますが、あれからしばらく経ち、ブログもお久しぶりな感じで、私は一体何をやっていたかというと、、、




JAZZを聴いていました。
(・・・タメなくともタイトルに書いてますが。。)



皆様、Amazonのプライム会員という制度はご存知でしょうか。
年会費3,900円を払えば、荷物のお急ぎ便が無料で選べるというものです。


実は私もプライム会員に入っております。
(というか、1か月の無料体験で入って、解約を忘れて有料に移行してしまっただけですが・・・)


ぶっちゃけ、私は千葉に住んでいますので、お急ぎ便なんかで注文せずとも、ほんのちょっと電車に乗れば当日中に大抵の物は買える立場にあります。


ただ、このプライム会員。
荷物が早く届くだけではないのです。



えーー、ま、すでにご存じの方も多いと思いますが、プライム会員であれば「Prime Music」というサービスも利用できるんですね。
(細かく言えば、プライムビデオなどその他有益なサービスも用意されています)

今話題の、SpotifyやらApple Musicなどのような音楽聴き放題のサービスです。
ただ、AmazonのPrime Musicについては、無料で聴ける楽曲は他のサービスと比較してかなり少ないですが。


そのPrime Musicで何を聴いているか。

それが、JAZZなのです。


私がジャズを聴くきっかけとなったのは、もちろんウクレレです。

キヨシ小林先生の『ウクレレ・ジャズ』。
このスコアとの出会いがなければ、恐らくジャズなんぞ一生聴く機会がなかったかもしれません。


『ウクレレ・ジャズ』からはしばらく遠ざかっていますが、最近なんとな〜くジャズが聴きたくなりましてね。

Prime Musicという便利なサービスがあるので、適当にジャズを聴いてみたわけです。


これがですね、、、大変心地よいのです。。
ジャズのリズムというか独特のノリが、聴いていて本当に気持ちいい!


正直、ジャズの知識はほとんどありません。

なので、とりあえずはPrime Musicのどなたかが作られたプレイリスト(?)を聴いたり、その関連作品などを聴いたりして裾野をじわりじわりと広げていっているところです。


ある程度聴いてから、また『ウクレレ・ジャズ』を弾くと、また違った印象を持つのではないかと考えております。

やはりジャズとの出会いを作ってくれたのはウクレレですから、それを還元するのはウクレレでないと。ですね。



ということで、ブログをお休みしていましたが、私は相変わらずウクレレのことをちょこっと考えながら音楽に触れております。という経過報告でした。


えー、なんだか締りがありませんが、本日は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

『ウクレレ・ジャズ』以外のジャズのスコアも欲しいなぁ〜なんて思い始めています。。
中村たかしさんのスウィングジャズなんかはどうなんでしょう?

あれこれ考えるのも、また楽しいもんです。。

それでは、またお会いしましょう!

posted by あんくる at 20:59 | Comment(0) | ウクレレ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

弾けないときは聴くだけさ(ジェイク新譜の話も)

こんばんは。
今更ながら『シン・ゴジラ』を観に行きたい、あんくるです。


正直言います。
最初ゴジラまたやるって聞いたときは、、、


「絶対コケる」


と思っていました。(サーセン!!!)


・・・が、蓋を開けたら大盛況らしいじゃないですか。
昨日今日と色々な記事を読むうちに、「これ、、、見たいかも」と思うようになりました。


ちなみに、監督(?)はエヴァンゲリオンの人なんですよね?
私、エヴァンゲリオンはさっぱりわかりません(大変申し訳ないのですが「ガンダム的なアニメ?」くらいのレベルです)。

恐らくエヴァンゲリオンを見ることはないと思うのですが、この『シン・ゴジラ』は3.11や原発を想起させるような内容もあるらしく、ちょっと興味を覚えました。


ただ、今日調べてみたのですが、、、気付くのが遅すぎたのか近場の映画館はどれもレイトショーばかりという。。。

東京に行けばチラホラ上映しているところはありそうなので、もしタイミングが合えば観に行きたいと思っています。



さて。

ここ最近の私のブログ記事をお読みいただいている方(…がいらっしゃるか分かりませんが)であれば薄々お気付きかと思います。


「コイツ、最近ウクレレ練習してんのん??」



お答えします。



えーー、練習していません。。

厳密には、「練習できていない」になりますかね。


ここ最近いくつか記事を上げていますが、どれもライブレポやらイベントの共有やらで、肝心のウクレレについては、「○○弾いてみた!」とか「教則本○○ページまで進んだぜ!」ということは一切書きませんでした。

何故かというと、「弾いていないから」。


本当に今年は指の皮膚炎の治りが悪いというかタチが悪くてですね、、、治っては再発し、治ってはまた再発し…を繰り返しているのです。


流石に写真を載せるのはグロテスクすぎるので控えますが、指や指先に水泡(=汗がたまる)がいくつも出来るという症状でして、潰してしまうと強烈な痒みに襲われます。

その指で弦を押さえたり親指で爪弾こうものなら、弦や指板が汚れ、もれなく痒みと戦うことになります。


今は、Twitterをフォローいただいている方から教わった方法や、他のブログなどで見た情報を元に色々と治療を試しているところですが、未だ完治には至っておりません。

これからも根気よく続けるつもりです。

ということで、しばらくはウクレレ練習の記事は出せそうにないことをご了承ください。



で、もうね、こんなときは・・・


ウクレレや音楽を「聴く」!!


これに限ります。
先週行ってきた銀座のフリーライブもそうですし、用事がなければ家でひたすら聴いております。


最近は、やはりジェイクの『ナッシュビル・セッションズ』を聴くことが多いですね。



2016_1001_130658-B8600679-6087-4D1B-80D5-44D5707660B1.JPG
※タワレコ限定クリアファイルとともに。



このアルバム、ぶっちゃけインストアライブを聴くまでは、あまり好きではありませんでした。。。


「ナッシュビル」と聞くと個人的にはカントリーを連想するんですね。
ま、いくらなんでもカントリーはないだろうとは思っていましたが、ジェイクの卓越したメロウでアコースティックなメロディーが今回も聴けるのではないか、と思っていました。


実際に聴いてみると、レコーディングスタジオでバンドメンバーとセッションしている様子が見て取れるようなサウンドと、エフェクターをバリバリ使ったロックなアルバムに仕上がっておりました。


私が期待(というか勝手に妄想)していたサウンドとはかけ離れていたということで、最初聴いたときはかなり戸惑いました。


しかし、実際にジェイクがライブで演奏を見聞きして考えが変わりました。


このアルバムは、まさに「セッション」なのです。

聴き直してみると、随所にジェイクのメロディーが実は(当たり前ですが)存在していましたし、演奏の息遣いが聴こえてくる感じはこれまでになく、まさに新境地を切り開いたアルバムなのではないかと考えが変わりました。

それは、ボーナストラックの3曲が霞むほどの、情熱と強烈な個性の塊です。

私は「素のウクレレの音」が大好きではありますが、機械を通してウクレレをほかの楽器と肩を並べる存在まで押し上げるジェイクはやはり素晴らしい!

ウクレレが大好きだからこそ成し得ることなのだと感じました。



何だか話が『ナッシュビル・セッションズ』のレビューのようになってしまいましたが、最近はウクレレが弾けないので『ナッシュビル…』然り、様々な音楽を聴いているよ〜という記事でした。



はい。。
(なんだか終わり方が微妙。。)

ということで、本日は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

あ、明日の更新はお休みさせてください。。

それでは、またお会いしましょう〜


~~~~~~~~~~~~~~~

↓まだの方は是非!(アフィリエイトリンクです)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナッシュビル・セッションズ [ ジェイク・シマブクロ ]
価格:3000円(税込、送料無料) (2016/10/9時点)



posted by あんくる at 19:00 | Comment(0) | ウクレレ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする