2016年07月24日

クラシックと音楽の力

こんばんは。
そろそろ夏期休暇の予定を決めたい、あんくるです。


ゴールデンな連休は風邪でおじゃんになってしまったので、夏休みくらいはどこかに行きたいと思っています。

さて、どこ行くか・・・ですが、今回も遠出は控えて「安近短」で済ませたいところ。
いま色々な可能性を探っていて、候補は1つ。

さてさて、今度は本当にそこでいいのか?というところ。

そろそろ日程的に決めないといけない時期ではありますが、まぁあれこれ考えている時期が一番楽しかったりするので、のんびり考えようと思います♪



さて、今週も指は芳しくなく、まともな基礎練すら出来ておりません。。
ただ、「動画はちょっと保留!」と決めたら、ちょっと気持ちが楽になってきました^^

恐らく来週末には新しいウクレレ本を購入するので、今はそれだけが楽しみです!



で、今日はなにをしていたかというと、アマチュアオーケストラの演奏会を聴きに行ってきました。

たまに行くんです、クラシックのコンサート。
もちろん、アマチュアばかりですけどね^^;

今日聴きに行った演奏会は、近年よく聴きに行っているオーケストラの定期演奏会。

今回のメインの曲は、マーラーの交響曲第2番「復活」という曲。


・・・あ、先ほど「たまに行く」と書きましたが、クラシックの知識はまったくありませんので、詳細は感想を述べることはできません。。一応お断りしておきます。


まーーーー、素晴らしかったです!

合唱付きの交響曲ですが、大人数のコーラスやパイプオルガンの響き、遠くから聞こえるトランペット、それぞれの楽器から繰り出される音…
こんな贅沢な時間があっていいのでしょうか!

終演後は会場中から惜しみない拍手が鳴り響き、私もその場にいられた興奮や幸運で拍手を続けていました。


楽器、歌声、それらが混ざり合った時に発せられる未知なる力・・・
「音楽の力」を心の底から感じた2時間半でした。


やはり、楽器に触れられないときは音楽ですよね。。

オーケストラとウクレレを単純に比べることはできませんが、それでも同じ「楽器」を弾いているんだなと思うと、何だか楽しくなってきます。


今日のオーケストラは、私のウクレレの再出発にはちょうどいい機会だったのかもしれません。

「とてつもなく練習がしたくなる」、そんな一日を過ごすことができました^^



ということで、ウクレレとはあまり関係がない内容だったかもしれませんが、本日は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

アマチュアオーケストラであれば、結構あちこちで開催されています。
ご興味のある方は、一度いかれてみてはいかがでしょうか^^

来週はいよいよウクピク(&ウクパニ)ですね!

それでは、またお会いしましょう〜

posted by あんくる at 19:39 | Comment(0) | その他もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

オッサンでも楽しめる!『ズートピア』3つのポイント

こんばんは。
社会復帰できるか不安な、あんくるです。


長い長いゴールデンウィークがあと1日で終わろうとしています。
いや・・・・・ホント長過ぎですよ。。

やはり休みというのは3連休位が程よくていいですね〜
(…と言いつつ、視線は夏期休暇に向かっておりますf^^;)



さて、今日はウクレレの「ウ」の字も出てきません。
映画のお話です。

タイトルに書いた通り、ディズニーアニメ『ズートピア』を見てきて、とても良かったので感想などを備忘録程度に書こうと思います。

この映画、まぁ対象は明らかに子供だと思いますけど、大人(しかも私のような40代オッサン)が見ても楽しめる映画でした。

そのポイントを3つに絞ってご紹介したいと思います。

極力ネタバレにならないように書くつもりですが、もしかしたらぽろっと出てしまうことがあるかもしれません。
あらかじめご了承ください。。

また、映画のあらすじについては一切書きません。
別途、映画の公式サイト等をご参照いただけると幸いです。



まず1つ目のポイント。
『クサいけどグサッと突き刺さる言葉』

あ、まずこの映画の前提をザックリ書きますと、「人間という生き物がいない動物中心の世界」が舞台です。
登場人物もすべて(あらゆる)動物。

主人公は警察官を目指すウサギのジュディ(女性)と、ひょんなことからタッグを組むことになったキツネのニック(男性)です。

このジュディがかなりの熱血漢(?)で、結構序盤からクサいセリフを言うわけですが、これがですね、序盤こそ若干興ざめしたものの、徐々にそのジュディの世界に入り込んでしまうわけです。

ちなみに、一番「ハッ!」と響いたのは「一番怖いのは、理由もわからず怖がること」的な言葉。

自己啓発本やらで出てきそうな使い古された言葉ではありますけど、改めて映画の登場人物から言葉が発せされると、ドキッとしてしまいます。

このセリフで私は引きこまれたと言っても過言ではありません。
・・・単純なオッサンですみませんねぇ。。



さて、続いてポイント2つ目。
『飽きのこないストーリー展開』

最近のディズニー映画のストーリーって、意外と巧妙ですよね。
子供向けとは思えないほど、ストーリーにあらゆる伏線が練り込まれています。

もっとも最近のストーリー重視の洋画と比べれば、それはそれは物足りないです。

ただ、私のように単純であまり映画にまで頭を使いたくない人間には、そういう映画って苦痛だったりもするわけです。

だからディズニー・・・と書くと、何だかバカにしているように思われてしまうかもしれませんが、決してバカにしている訳ではありません。
程よく練り込まれたストーリーが、私には本当に丁度よく集中して楽しめる内容になっていると感じました。

最後の最後に「はぁ〜〜〜結構考えられたストーリーだったんだな」と感嘆してしまうほどです。

ということで、「複雑な映画はちょっと…」という方には、『ズートピア』は結構丁度いいかもしれません。



最後の3つ目。これが一番の肝ですね。
『人間社会が絶妙に投影された世界観』

先ほど映画の前提として「人間という生き物がいない動物中心の世界」と書きましたが、この世界観が見事に人間社会を投影しているのです。

もちろん、あくまで主体は動物。
動物ならではの言動や習性なども、現実同様に反映されていて、そこもまた面白いポイントのひとつです。

人間社会と書きましたが、例えば民族・国籍間の偏見だったり、社会のシニカルな視点だったり、、、結構人間社会に当てはまることが投影されていて、客観的にそれらを目の当たりにすることができます。

その2のストーリーと通ずる部分ではありますが、世界観という点でもよく造られているなぁと感じました。



ということで、長くなってしまいましたが、オッサンが観た『ズートピア』を3つのポイントに絞って感想を述べてみました。

何度も書きますけど、この映画は大人にもおススメです。
まだ観に行かれてない方がいらっしゃいましたら、アニメ嫌いの方でもちょっと検討されてみてはいかがでしょうか。保証はしませんけど。。。

滅多にパンフレットを買わない私が、思わずパンフレットを買ってしまったくらいですからf^^;


2016_0506_141336-28C7439C-E029-40A7-8157-AB082FA44CA0.JPG


720円もしましたけど、まぁ記念ということで。。
内容も結構読みごたえがあって良かったですよ。



ということで、長くなってしまいましたが本日は以上です!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

明日はGW最後ということでウクレレ絡みのことを書くつもりです。

それでは、またお会いしましょう〜


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
楽天ブックスのアフィリエイトリンクです。
流石にサウンドトラックは買いませんでしたが、ご参考まで。。


posted by あんくる at 19:33 | Comment(0) | その他もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

しばしブログをお休みします

こんばんは。あんくるです。

Twitterでは数日前に一度ツイートしたのですが、年一回のペースで引く大風邪の影響でしばらくブログをお休みしております。。


先週はかなり寝込んでおりましたが、今は大分調子が戻ってきたようにも感じますが、今しばらくは更新をお休みさせていただければと思います。


世間はゴールデンウイークで、ウクレレ関連もTwitterでかなり賑わっておりますが、私は風邪の完治を目標に、体調を整える事に専念しようと思います。



来週末辺りには再開できればと思っております。

それでは、またお会いしましょう!

posted by あんくる at 19:59 | Comment(0) | その他もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする