2016年10月02日

午後は○○おもいっきり銀座でウクレレ天国じゃぁ〜!

こんばんは。
・・・もとい、アロ〜ハ!あんくるです。


今日の午後、「アロハ」を何回聴いたことか。。


ということで早速本題。

本日は、銀座山野楽器本店で開催された『銀座ウクレレ天国』なるライブイベントに行って参りました。

渡辺海智さん、Tomoki Satoさん、RIOさん、名渡山遼さんという、いままさにイケイケなウクレレ若手4人衆が代わる代わる出演するミニライブ(無料)のイベントです。


ちょっと出るのが遅くなって、現地に着いたのは13時10分過ぎだったでしょうか。
トップバッターの渡辺海智さんが「糸」をしっとりと弾いているところでした。

海智さん、今日は珍しく帽子なんか被っていて、最初ぱっと見で「え?誰出てるの?海智さんじゃなかったっけ?」と戸惑ってしまいました。



ここで、ザックリとイベントの流れを書くと、4名のミニライブは大体30分。
13時〜海智さん、14時〜Tomokiさん、15時〜RIOさん、16時〜名渡山さんという順番。

それぞれの回の最後の曲は、次の出演者(たとえば13時の海智さんであればTomokiさん)とセッションをするという、なかなか面白く見応えのある構成。



で、一応私は最後の名渡山さんのライブまですべて聴いたのですが、ここですべてのライブのレポートを書くとなると中々大変なことになってしまうので、4名のライブから「これは!」と思った曲について書いていこうと思います。



まず、渡辺海智さん。

ソロも海智さんならではのボディヒットとストロークを織り交ぜた演奏が素晴らしかったのですが、秀逸は最後のTomokiさんとのセッション。

曲は、三味線の吉田兄弟の「鼓童」。

三味線のような音色でしたが、その音色は確かに「ウクレレ」。
二人の鼓動がウクレレに乗り移ったかのような、見事な競演でした。



2番手はTomoki Satoさん。

今日も甘〜〜い歌声で女性陣を魅了しておりました。。

フルアルバム『La La Life』の曲や、お馴染みのカバー「Happy」も聴くことができましたが、特に印象に残った曲は中島みゆきさんのカバー曲「糸」。

海智さんはソロでしたが、Tomokiさんはもちろん弾き語り。
銀座4丁目の雑音はすっかりどこかへ消え去り、Tomokiさんの歌声に聴き入っている自分がいました。



続いて15時の部、RIOさん。

実は今日、一番楽しみにしていたアーティストです。

・・・15歳ですよ。。
・・・MC英語ですよ。。
・・・カマカアーティストですよ。。

もう、尊敬の眼差しで聴いておりました。
また選曲が大人なんですよね〜

どの曲が印象に残った…というよりも、ジャンルを問わずウクレレで自分の世界を表現するRIOさんに魅了されました。
「弱冠15歳」という形容詞はもういらないんじゃないかと思います。



ラストは、名渡山遼さん。

言わずもがなですね。

RIOさんのステージが終わって、名渡山さんのステージが始まるまでの約30分、山野楽器さんの店内をフラフラしていたんですね。

ステージ前に戻ったのは開始5分前でしたが、すでにステージ周辺は人・人・人で埋まっていました。。
それだけで名渡山さんの人気がうかがえます。


もっとも印象に残った曲は「Way To Go!!」。
名渡山さんの成長とともに、この曲自体も成長している。そんな気がします。

ライブの定番曲となった「チョコレートバナナパイ」も、もはや欠かせませんね。
メジャーデビューに合わせて、こんなにもファンと一体になれる曲を生み出した名渡山さん。
これからも楽しみにしています!



・・・という感じで、まさにウクレレ天国な午後となりました。
こんな素晴らしいイベントを開催してくださった山野楽器さんに感謝です!



2016_1002_155807-10368551-37BA-42AC-818B-0EC71FDEBA00.JPG
※宇多田さんが際立っておりますが・・・



ということで、本日は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それでは、またお会いしましょう〜

posted by あんくる at 20:49 | Comment(0) | ウクレレ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

ジェイク・シマブクロまで50cm〜タワレコ新宿ミニライブ〜

こんばんは。
GHSが恋しい、あんくるです。


指を集中的に治そうと思い、なるべく指先に負荷をかけないようにするため長いこと休んでいたウクレレ。

最近調子がいいので久しぶりに手に取ってポロリ・・・



・・・・・そうだ、ワースにしたんだった。。。


あの、嫌〜な4弦の感触はいまだ健在;;
諦めてGHSに張り替えようかと思っております。。




さて。

今週9/29(木)19時よりタワーレコード新宿店で開催された、ジェイク・シマブクロさんのミニライブ!
行ってきましたよ!!!


18:30に開場だったので、会社が終わってから速攻で駆けつけ、お店に着いたのは15分前くらいだったでしょうか。
すでに7階のイベントスペース周辺では、完全にジェイクファンらしき方々がいらっしゃいました。

ほどなくサウンドチェックが始まると、あたりから盛大な拍手が…

ジェイクの登場です。


今日はアルバムにも参加されているベースのノーランさんも一緒に登場。
お二人でステージに上がられ、サウンドチェックをされていました。


マイクチェックの後、ジェイクが「アロ〜ハ!」とご機嫌に挨拶をすると、あたりにいた方々も「アロ〜ハ!」と大盛り上がり。

「もうちょっと待ってね」という言葉を残して、ジェイクは一旦控室に戻りました。



このイベントを優先エリアで観覧するには、CDを購入したときに配布されるイベントの参加券が必要で、会場へは参加券の番号順に入場するというシステム。

ちなみに私は、発売日前日の27日の仕事帰りにCDを購入。
番号は、、、まぁ結構前の方でした。


で、タワレコ7階の階段で開場まで待つわけですが、その階段がまぁ〜蒸し暑いこと!
30分ほど我慢してようやく涼しい観覧エリアに入ることができました。。


番号が前の方だったこともあり、端の方でしたが最前列(柵)をゲット。
もう、最近腰が痛くてね・・・寄りかかれるものがあるのとないのとでは大違いなのです。。


そして19時。
時間通りにミニライブがスタートしました。

ジェイクが登場すると、会場中央は大盛り上がり!
ジェイクが「アロハ!」と声をかけると、さらに大盛り上がり!

ま〜〜〜、ジェイクの人気はすさまじいものがあります。。


ジェイクはTシャツとジーンズ、スニーカーというラフな格好。
ベースのノーランさんは、長身で背筋をピンと伸ばした、これまたナイスガイでした。


ライブがスタートすると、会場は(当然ですが)すっと静まり、2人のセッションに釘づけになります。

ジェイクは指先だけでなく全身で曲を表現し、ノーランはピンと背筋を張って時折笑顔を見せながら演奏を楽しんでいる様子。



ちなみに私はほぼ端っこにいたということもあり、ジェイクまで数メートル。
ただ、それでも、これまで行ったライブより断然至近距離です。

まさに至福の時間でした。


昨年のオーチャードでのライブは双眼鏡で見ていましたが、そんなことする必要はまったくありません。

ライブ中は、もうジェイクの指先にロックオン。




「早ぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」




そんな感じ。。


演奏した曲ですが、すべて新譜『ナッシュビル・セッションズ』からで、4〜5曲だったでしょうか。
(…いつも肝心な内容は覚えていないという悪い癖)


圧巻は「Tritone」。

ウクレレ用のコンチェルトをベースにした曲とのことですが、この曲CDで聴いてて「いいな」と思った曲でしたが、ライブで聴くと尚のこと素晴らしいですね。


この曲に限らずですが、『ナッシュビル・セッションズ』はライブ(=セッション)で映える曲がとても多いような気がします。
この辺は、別に記事を書く予定です。(…多分)



ライブの合間には、質問コーナーが数分設けられ、ジェイクのトークも楽しむことができました。

司会の方から「デビュー15周年で一番思い出に残っていることは?」というような質問には、ジェイクも思わず「ムズカシイネ〜(苦笑)」と。。

開場前にアンケートを書いていたのですが、その中から2つ質問をピックアップしてジェイクが答えるというコーナーもありまして、それもまた面白かった!


トークコーナーの後、ライブに戻るときジェイクから「次は最後の曲…」という声が発せられたとほぼ同時に、会場から「え〜〜〜〜!!!!!!!」という幾多の声が。。


これにはジェイクもタジタジで、ほどなく「ジョーダン」と。。
本当にジェイクは笑いを取るのが上手い!

ただ、時間的な制限もあってか、曲についてのコメントをしたあと、かなり控えめに「・・・タブン、、、サイゴノキョク…」と。
これにも会場は大笑い。


そんな感じで、演奏では大いに魅了し、トークでは大いに笑いを誘ったミニライブが終了。。
30分でしたかね。
まぁ、短かったです。あっという間でした。


ライブ終了後は、ステージ前に机が用意され、サイン会がスタート。

残念なことに、かなり人数もいらっしゃるとのことで握手は禁止とのこと。。。
(…ジェイクと握手がしたかった。。それだけが心残り)


サインもいよいよ私の番に。

ジェイクはちゃんと目を見て「ありがとうございます!」と笑顔で一言。
「Aloha! Jake」とサラサラッとサインを書いてまた「ありがとうございます!」と。。。

そしてジェイクからジャケットを受け取った時の、ジェイクとの距離はわずか50cm。。。


これは女性は惚れるわ。まじで。


「ありがとうございます!」としか言えず、サイン会を後にしました。



もうね、、、




ジェイク最高!!




このCDは、一生の宝物です。



2016_1001_130558-00321B68-7628-42BD-BD0A-8AD60CF5B584.JPG



千葉までの帰り道、iPodで『ナッシュビル・セッションズ』を聴きながら帰ったのは言うまでもありません。

ジェイク、ノーラン、
素晴らしい30分をありがとう!



ということで、本日は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!


ちなみにジェイクのライブに行かれる皆様、
今年はデビュー15周年ということもあり、一味違ったライブにしたい、というようなことをジェイクが話していました。

ぜひ楽しんできてください!!


それでは、またお会いしましょう〜

posted by あんくる at 19:00 | Comment(2) | ウクレレ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

ウクレレ・フリーライブの秋!

こんばんは。
体調崩し気味の、あんくるです。


このところ急に寒くなり、今日になってまた熱くなり…と寒暖差が激しい今日この頃ですがいかがお過ごしでしょうか。

私はというと、、、やはり季節の変わり目は天敵で、咳・鼻水と格闘しております。
もう寒くなるなら寒くなるでハッキリしてほしいですね。。



さて。

「これ、ブログ書いたかな…?」と若干不安なのですが、直近でプロウクレレプレーヤーのフリーライブが2つありますので今日はそのご紹介です。

東京限定の情報になりますことをご容赦くださいmm


まず1つ目。

9月29日(木)に、タワーレコード新宿店の7Fイベントスペースにて、なんとジェイク・シマブクロさんのミニライブがあります!
(って・・・ん〜これ前も書いたような。。)

時間は19時スタートということで、都内にお勤めの方であれば、定時ダッシュで間に合いますね♪

このライブ、新譜『ナッシュビル・セッションズ』の発売を記念してのイベントということで、タワーレコード新宿店で同CDを購入して整理券を貰えれば優先エリアでの観覧と、なんとサイン会(!)にも参加できるとのことです。


今年、私はジェイクのライブには行かないので、このライブはもちろん聴きに行きます!
何としても駆けつけるつもりです!


(・・・やっぱり書いたよね。。)



で、2つ目。

こちらは10月2日(日)13時から、山野楽器の銀座本店1Fで、若手ウクレレプレーヤー4名によるミニライブが開催されます。

渡辺海智さん、Tomoki Satoさん、RIOさん、名渡山遼さん…と、いまノリにノッてる若手ウクレレプレーヤーの皆さんによる30分のミニライブが楽しめます。

出演される時間など詳細については、「銀座ウクレレ天国」でGoogle検索して、山野楽器さんのホームページをチェックしてみてください!


私はですね・・・行けそうであれば行きたいと考えています。

個人的にはRIOさんの演奏をしっかりと聴いてみたいと思っているので、何とか都合付けて行ければと。。
(昨年のジ・ウクレレコンテストで2曲聴いただけなので)



ということで、大き目なウクレレイベントも一息ついたところですが、あれこれ探せばウクレレのイベントやライブはあちらこちらで開催されています。

これからもちょくちょく情報を集めて、ウクレレの秋を楽しみたいと思います!



ということで、短めですが本日は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、またお会いしましょう!

posted by あんくる at 19:00 | Comment(0) | ウクレレ日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする